転職・キャリア、英語、プログラミング、資産運用、とか書いてるブログ。人生をアドリブで楽しく生きるのが好きです。

人生アドリブ

資産運用

【THEOのセミナーに参加】はじめて投資する家族や友人にオススメ

投稿日:

THEOを運用する、株式会社お金のデザインのオフィスを訪問して来ました!

投資歴20年のヨッシーです。

堅実投資で時間をかけて少しずつ資産を増やし、一昨年フリーランスになる夢を実現しました。

 

そこで、家族や友人から、「はじめての投資には、何がオススメ?」という質問をよく受けます。

 

経済や株が趣味の人以外にとっては、投資の勉強に多くの時間を割くのは難しいですよね。

「投資なんてしたことがない!」という家族や友人にアドバイスするときは、いつも悩みます。

 

「投資の勉強が必要なく、投資初心者にも自信を持って勧められる商品は何か」ということです。

 

誰でもできる「はじめての投資」の方法として、私が注目しているのは、ロボアドバイザーです。

中でも一番気になっていたのは、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)です。

 

今回、THEO(テオ)を運営する「株式会社お金のデザイン」でセミナーがあったので、参加してきました。

 

THEO(テオ)のページも見ながら、続きを読みたい人は、こちらからTHEO(テオ)のホームページを開いてください。

AI搭載ロボアドバイザーTHEO[テオ]

THEO

 

まずは結論。投資歴20年の目線から、THEOはオススメか?

THEO(テオ)のセミナー会場にて

 

最初に結論です。

 

私の判断は、

THEO(テオ)はきちんとしたロボアドバイザー型の投資商品で、手数料も良心的な、家族や友人にも勧めたいサービス

です。

 

ベタ褒めするだけでなく、知っておくべき点をまとめると、

  • 手数料が年間1%かかります。
    サービス内容を考えると妥当かつ良心的な手数料率ですが、自分で勉強して投資をすれば、実は更にもう少し節約することも可能です。

  • 元本保証型ではないです。
    長期で資産を作っていく心がまえで、目先の「勝った・負けた」という気持ちと戦う必要があります。

 

よって、投資経験がゼロだったり、過去に自己流の投資で失敗経験のある人には、おすすめできると感じました。

家族や友人からTHEO(テオ)について相談を受けたら、ちゃんとしたまっとうな投資商品なので使ってみるといいと思う、と勧めます。

 

一方、私自身は投資経験から、自分の投資基準があるので、THEO(テオ)は資産の一部で投資しようと思いますが、メインの投資先は他の対象です。

(具体的には、米国個別株やETF、いくつかの投資信託、などに分散投資しています。)

 

THEO(テオ)のようなロボアドバイザーで投資に慣れたら、将来的には投資の幅を広げてみる方法もあります。

 

運営会社は株式会社「お金のデザイン」

2013年8月設立の会社です。

 

今回は、こちらの赤坂のオフィスを訪問しました。

株式会社お金のデザインの受付エリアにて

 

会社名 株式会社お金のデザイン
Money Design Co., Ltd.
所在地 東京都港区赤坂1-9-13 三会堂ビル1F

 

セミナー講師は、中村仁代表取締役社長です

お金のデザイン 代表取締役社長 CEOの中村仁氏(右)と記念撮影

今回のセミナーでは、株式会社お金のデザイン 代表取締役社長 CEOの中村仁氏が自ら登壇し、お話し下さいました。

 

中村社長の経歴は、ご本人のこちらのブログが参考になります。

CEOブログ、始めました。 – Letter from THEO

 

THEO(テオ)の概要

ロボアドバイザー THEO(テオ)とは

 

THEO(テオ)の主な特長

  • 1万円からスタート
  • 1万円から自動積立
  • 費用は年率1.0%

 

投資を始めるための金額、毎月の最低積立金額、どちらも1万円とハードルが低く設定されています。

中村社長によると、特に投資初心者にもまずは投資を始めてもらいたい、という思いを込めているそうです。

 

数字で見るTHEO(テオ)概要

預かり資産額 381億円
運用者 約 70,000人
平均預かり資産額 55万円
積立率 62%
平均積立額 約27,000円

*2019年3月25日時点のデータ

THEO(テオ)のホームページでは、詳しい情報が見やすくまとまっています。

AI搭載ロボアドバイザーTHEO[テオ]

THEO

 

THEO(テオ)が選ばれる16の理由(参考情報です)

THEO(テオ)が選ばれる16の理由について、とっても詳しく説明して頂きました。

セミナーでは専門的な話を含め、THEO(テオ)が選ばれる16の理由を、中村仁 代表取締役社長自ら、詳しく説明してくれました。

 

投資理論に詳しくなりたい人以外は、ひとつ一つの内容を詳しく理解する必要はありません

けっこう専門的な内容です。

 

そして、このような難しい勉強をしなくても気軽に投資できるのが、ロボアドバイザーの強みなのです。

 

長年投資をしている一個人からの感想です。

日本の投資商品は昔から、わざと複雑な仕組みにして購入者を煙に巻く様な、粗悪な商品が多いのです。

そういった知識・経験をもって説明を聞くと、THEO(テオ)はきちんとした、まっとうな投資商品であることが分かりますし、自分の大切な資産を運用する方法として、十分検討に値すると感じます。

 

参考までに、16の項目を並べておきます。

参考

  1. THEOの運用方針を磨く、運用チーム
  2. THEOが行うプロレベルの運用方法
  3. Wノーベル賞理論
  4. 機能的ポートフォリオによるアプローチ
  5. THEOポートフォリオの2段階のデザイン
  6. きめ細かい運用 - 資産配分
  7. スマートベータ
  8. THEO運用の裏側
  9. THEOが行うプロレベルの運用方法
  10. きめ細かい運用 - リバランスとリアロケーション
  11. パフォーマンス
  12. 実際に機関投資家にも選ばれています
  13. THEOのAIアシスト - ロボアドから、AIアシストを活用した資産運用へ
  14. ユーザー目線で設計されたUI/UXデザイン
  15. J-Startupに認定、世界へ
  16. THEO推計企業価値

 

より詳しくTHEO(テオ)について知るには、ホームページをみて見てください。

他社の金融商品のページと比べて、とても分かりやすいのが特長です。

AI搭載ロボアドバイザーTHEO[テオ]

THEO

 

THEO(テオ)のセミナー参加まとめ

投資歴20年の筆者から見て、THEO(テオ)は初めて投資をする人には、安心して始められる金融商品であると感じました。

身近な家族や友人から、初心者に向いている投資の相談を受けたら、オススメできる商品です。

近日中に私自身も実際に利用して、使い勝手などを報告したいと思います。

 

以上、ロボアドバイザーのTHEO(テオ)のセミナーに参加した感想・体験記でした。

 

 

-資産運用

Copyright© 人生アドリブ , 2019 All Rights Reserved.