転職・キャリア、英語、プログラミング、資産運用、とか書いてるブログ。人生をアドリブで楽しく生きるのが好きです。

人生アドリブ

プログラミング

プログラミング学習備忘録|ショートカット、いつも使うアプリケーション、手順、コマンドなど(自分用)

更新日:

プログラミング学習時に、参照したい情報のまとめ(自分用のメモ)

ドットインストールのレッスンの過程で構築した開発環境をベースにしている。

不慣れだと多少複雑なので、毎回手順を見直すのが大変なので、メモに残しておく。

 

html, css, JavaScriptの場合

html, css, JavaScriptの場合は、ブラウザがこれを実行する機能を持っている。

そのため、ソースを書くエディターと、表示するブラウザだけで利用できる。

カンタン!

ちなみに、自分はAtomエディターとChromeブラウザでを利用。

 

追記)2020年1月から、Visual Studio Codeに変更した。ドットインストールがAtomから全面的にVS Codeに変更したので、それに合わせた。

VS Codeはかなり高機能。とても使いやすい。

 

Vagrant関連|unix, php, pythonなどの場合

html, css, JavaScript以外の場合は、このように複雑なやり方をする必要がある。

ターミナルを起動

macOSのままのターミナルと、vagrantにログインしたターミナル、両方開いておくと便利(かも..)

ホームディレクトリからvagrantへ移動

  • cd MyVagrant
  • cd MyCentOS

仮想マシンを起動

  • 起動 vagrant up (サーバー立ち上げ)
  • 状態を確認 vagrant status
  • サーバーにログイン vagrant ssh

#06 仮想マシンを立ち上げよう | ローカル開発環境の構築 [macOS編] - プログラミングならドットインストール

終了時の手順

vagrantの中で操作

  • vagrantからログアウト exit

次にmacOS上で、

  • 停止 vagrant suspend
  • さらにログアウト exit
  • ターミナルのウインドウを閉じる

#11 学習をやめる手順を見ていこう | ローカル開発環境の構築 [macOS編] - プログラミングならドットインストール

 

追記)2020年1月4日

Vagrantの時刻が合っていないことに気づいた。

調べた結果、可能性としてvagrantの終了時に使っていたvagrant suspendが原因の疑いが浮上。

vagrant haltで終了して再起動して試したところ、今日の日付にはなったことを確認。

しかし、ちょうど9時間遅れている。グリニッジ標準時を示している模様。

現時点ではまだ修正していない。

 

vagrant haltで終了、再起動した際に一つ問題がでた。

再起動の際に、エラーメッセージが出る。

Vagrant was unable to mount VirtualBox shared folders. This is usually
because the filesystem "vboxsf" is not available. This filesystem is
made available via the VirtualBox Guest Additions and kernel module.
Please verify that these guest additions are properly installed in the
guest. This is not a bug in Vagrant and is usually caused by a faulty
Vagrant box. For context, the command attempted was:

mount -t vboxsf -o uid=500,gid=500 vagrant /vagrant

The error output from the command was:

/sbin/mount.vboxsf: mounting failed with the error: No such device

ドットインストールの補足情報を見ると次の通り。

補足情報 「Vagrant was unable to mount VirtualBox shared folders.」で始まるエラーメッセージが出る場合
vagrant up の実行時に「Vagrant was unable to mount VirtualBox shared folders.」で始まるエラーメッセージが出る場合があります。このエラーが発生すると共有フォルダ機能が使えなくなりますが、レッスンでは利用していないためそのままでも問題ありません。

#06 仮想マシンを立ち上げよう | ローカル開発環境の構築 [macOS編] - プログラミングならドットインストール の記事一番下の補足情報を参照

学習用に問題はなさそうなので、とりあえずこのまま使い続ける。

 

ファイル転送ツール

Cyberduckを立ち上げる

MyCentOSをダブルクリックして、仮想マシンにアクセス

/home/vagrantを選んで移動

ここからファイルの追加、削除、編集などできる。

 

PHPの場合

Webサーバーが必要。

ドットインストールでは、簡易的なビルトインサーバーを使う。

 

具体的には、vagrantにログインした状態で、

cd php_lessons

php -S 192.168.33.10:8000

とする。

 

そしてAtomエディターで入力・編集、保存。

保存すると、Cyberduckが瞬時に、「アップロード完了」という通知を出す。(特に待つ必要はない)

 

ブラウザでは、

http://192.168.33.10:8000/

で見られる。

 

ソースの確認は、Option+Command+U で。

 

やめる時の手順

ブラウザ、ファイル転送ツール(Cyberduck)は、そのまま終了してOk

ターミナルはPHPのWebサーバーが立ち上がっている場合は、Ctrl + C で停止させる。

vagrantの方は、上の記述を参照。

 

いつも使うアプリケーションなど

Automatorでまとめて起動設定した。

  • ターミナル
  • Atom
  • Cyberduck : ファイル転送

Atomエディターの操作

Atomエディターのショートカット

 

 

 

-プログラミング

Copyright© 人生アドリブ , 2020 All Rights Reserved.